初期の動画配信広告の種類

初期の動画配信広告サービスは、「バナー広告型」と「テレビCM型」の2種類に分けられた。

バナー広告型~サイト上の枠に動画表示

バナー広告型は、従来のバナー広告同様に、WEBサイト上の広告枠に動画広告を配信する。ダイヤルアップ回線などのナローバンド環境の時代から、サービスが提供されていた。

サイバー・コミュニケーションズ(後の電通子会社)が2001年8月から本格的に開始した「WEBSpot」は、サイト内に埋め込んだ広告枠に動画広告を流した。別のウィンドウを開いて配信できた。WEBSpotの開発元であるレッドライスメディウム(東京都目黒区)の独自技術により、ナローバンドでも、従来より高い画質で再生できた。(出羽

DAC

DAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム)もバナー広告型に力を入れた。2001年8月から開始した「Net-CM」は、従来の横長のバナー広告の一部分に動画広告を配信できた。このほかにも、アドソサエティ・ジャパンやバリュークリックジャパンなどがバナー広告型のサービスを開始した。

こうしたバナー広告型は、電子メール媒体の導入が目立った。特に、ガーラや第一通信(東京都豊島区)、メールイン(東京都渋谷区)などのオプトインメール配信事業者が積極的だ。ともに、アイ・ニューズが提供する、電子メール向け動画広告配信システム「liveMail」を採用。メールインは2000年12月から開始し、2001年8月までに16本の動画広告を配信した。

テレビCM型~番組内に動画広告を挿入

テレビCM型は、動画コンテンツ(番組)内に広告を挿入する。テレビと同じ形態にすることで、利用者に広告を違和感なく見せることができるのが特徴だ。後に登場するYoutubeも、この形態を採用した。バナー広告型に比べると、ブロードバンド向けのサービスだ。

三菱商事、ベネフィットオンライン(東京都港区)が2001年5月に開始した「CMナビ」では、動画コンテンツが始まる前に動画広告を流した。既に、ゴルフ専門サイトを運営するゴルフダイジェスト・オンライン(東京都港区)が、プロゴルファーによるアドバイスを動画で配信するコーナーに導入した。このほか、ダブルクリックも、動画コンテンツの冒頭に動画広告を挿入するサービスを提供した。

フロンテッジ(インタービジョン)

さらに、テレビCMの手法に、ネット特有の付加価値を組み合わせた広告も登場した。インタービジョン(現在のフロンテッジ)の「PaSaTa」だ。インタービジョンは当時、ソニーの100%子会社だった。後に電通が資本参加した。

PaSaTaでは、性別や年齢、趣味、職業など個人情報を基に、適切な動画広告を配信するターゲティングの仕組みを備えた。例えば、広告主がビール会社の場合、「20歳以上でお酒好きな人にだけ配信」といった指定ができた。さらに、広告を動画コンテンツ内の任意の場所に挿入することが可能となった。

インタービジョンは、2001年8月1日から約2カ月間、CATVインターネット向けのコンテンツ配信事業を手がけるAII(東京都品川区)の加入者から選んだ5000人を対象に、PaSaTaの試験配信を実施した。約50社の広告主と約60社のコンテンツホルダー(番組提供者)が参加。システムの動作や広告効果を検証した。

博報堂と電通が、テレビCMの著作権管理システム

著作権も大きな課題となった。当面、動画広告では、テレビCMを流用するケースが多かった。だが、出演者や音楽提供者などの権利保有者から許可が得られず、ネットに流用できる素材が多くなかった。

こうした問題を解決するために、電通と博報堂は共同で、テレビCMの著作権を管理するシステム「ADmission」を、2002年春の稼働を目指して開発した。

ADmissionでは、各権利保有者が広告主と交わした、媒体の種類や放送期間、地域などの情報をデータベース化し、対象のCMがネットに配信可能かをチェックする。権利関係を調べやすくすることで、テレビCMのネットへの活用促進を図った。

費用は、画像広告の数倍

また、ネット広告会社は、動画広告の効果を明確にする指標作りに取り組んだ。サイバー・コミュニケーションズ、DAC、ダブルクリックの3社は、共同でネット広告全体の認知効果の指標を策定する事業を2001年7月から開始した。

動画広告の料金(費用)は、バナー広告(画像広告)が1インプレッション当たり1円前後なのに対し、その数倍以上になると予想された。このため、広告の効果を測定する必要があった。

三菱商事などもシステム提供

ネット広告会社やWEBサイト運営者などの参入をにらみ、動画広告配信技術やシステムを提供するネットベンチャーも相次いだ。いち早く動いたのがアイ・ニューズ(東京都千代田区)。アイ・ニューズは動画広告配信システムの提供を2000年12月から開始した。

このほかにも、ジービーネクサイト(東京都千代田区)が2001年の4月、三菱商事なども2001年5月からシステム提供を開始した。

動画広告がネット広告の主役となる舞台は、ブロードバンドだった。電通はブロードバンドユーザーが300万人に達すれば、動画広告が最初のブレークを迎えると予測した。